女子大学生の自由なブログ

大学生活で思ったこと、感じたことを率直に書きます!

新大学1年生にしてほしいたった一つのこと

f:id:nanosaxdara:20170412003713j:plain

大学に入学して1年が経ってしまいました。

去年の今頃は、大学生になってワクワクしていた+新しいことが多すぎて逆にどうしたらいいのかわからなくなっていたなぁ。

うーん、時が経つのは早い!!

もう2年生です。今年度の目標は、1年が早いって思わない1年にすることかな笑

  

...改めまして、

大学1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

 

今日は、入学したての新大学生に必ずやってほしいたった一つのことを紹介したいと思います。

 

f:id:nanosaxdara:20170412020241j:plain

私はたまたまやっていたのですが、

この1年大学生活を過ごして、常々やっておいてよかったな〜と思いました。

 

ぜひみなさんにもやってもらいたいです。

 

目次 

 

 新大学生がやるべきたった一つのこととは

 

私がここまで推す大学1年生がやるべきこととは、

ズバリ、大学生活の目標を書くことです!!!

それも入学する前、または入学して日が経っていないうちに書くこと!

そしてノートに書くこと!(自分の文字で表す方がその時の気持ちが蘇ってくるので、電子類よりもノートの方がオススメです。

 

f:id:nanosaxdara:20170412011443j:plain

「なんだそんなこと。」って思わないでください。(´Д` )

書いた直ぐでは、特に入学した直後ではこの重要性がわからないかもしれません。でも大学生に染まっていくうちに心の底からこれをやったことの有り難みが感じられるようになると思います。

 

なぜ私が目標を""書くことをオススメしているか。

 

それは実際の大学生活が入学前に思い描いているものとは違うからです。

入学前 or まだ大学生活に慣れていないうちに書いた目標って、何も知らない状態で書いているから、純粋に自分が本当にやりたいことだと思うんです。

 

もう学校が始まっているという人がいたら、もしかしたら薄々感じてきてるかもしれません。やりたいことをするためにクリアしなければならない課題が見えたり、自分がやりたいことの難易度がわかってしまったりしているかもしれません。

そして、「やっぱり...。」とか「もうちょっと...。」みたいな思考になってきてたりしませんか?

これです!この考え方は危ない!私が思うに、この思考回路のまま過ごしてしまうと、楽しくない大学生活まっしぐらになると思うんです。

しかしこれは誰もが陥る問題なのではないでしょうか。

 

 f:id:nanosaxdara:20170412020506j:plain

じゃあこれに打ち勝てるのは何か。

それはただ一つ、一番最初に立てた目標なんです。

 

こういうマイナスの思考回路になった時に、前に立てた目標を見て、「あっそうだ。これをやりたかったんだ。」って気づくようになります。そしてまた一からリセットすることができるんです。^^

 

私の場合

 

例を挙げると、私が入学して直ぐに立てた目標は、

交換留学をする」でした。

f:id:nanosaxdara:20170412021026j:plain

 しかし入学してから、留学するために必要なTOEFLの条件が高い、周りに以外と交換留学を目指す人がいない、私費留学をする人が多い(英語のスコアが低くても行けたりします)、授業の宿題が多くて並行してTOEFLの勉強をするのは大変、など交換留学する難しさを知りました。

また難しさを知った中で他の人の話を聞き、無意識に留学の価値を置き換えられるものや、交換留学以外の留学を探してしまった時期もありました。

本音を言うと一年の半分ぐらい、「別に留学できるなら、交換でも私費でも同じじゃん。私も休学して私費留学にしようかな。」って思ったりしていました。(休学して私費留学するという流れの人が多かったので。)(なんとも生意気ですね、今考えると。お金出すの誰だよ!って感じです。)

でも、1年生の終わり頃に「大学生活で交換留学をする」という最初の目標を振り返ったのをきっかけに、そして春休みにセブに行って色々と思うことがあったことをきっかけに、今もう一度この限定んである目標に戻ることができています。

 

目標ってだんだん忘れてしまうと思うんです。

なので、自分の初心を忘れないようにするためにでも、書いておくといいのではないでしょうか!

 

大きな目標をデカデカと書くのもありです。

箇条書きで思いついたことをどんどん書いていくのもありです。

とりあえず何か書きましょう! 

 

そして、これで充実感のある、自分が本当に送りたかった大学生活を送りましょう!\(^o^)/